topページへ

はじめに


おばさん体型克復術

ダイエットのお勉強
       
 中高年のダイエットを考えよう
 自分の身体を知ろう
 カロリーについて知ろう
 運動について知ろう
 女性の中年太りについて知ろう
 中年太りの危険について知ろう
 食事について知ろう

 代替え食ダイエットについて考える


ダイエットいろいろ


酒とダイエットの両立

ダイエットレポート
 

リンク


ダイエット商品情報 (ブログ)

 

中年太りの危険について知ろう
 


太ることのなにが危険か
これはなんといっても生活習慣用のリスクが高まるということでしょう。
高血圧、糖尿病、高脂血症、心筋梗塞、脳卒中などなど肥満が要因とされる病気はおおいのです。特に中年期以降の急激な体重増加は生活習慣病の発病のきっかけとなる場合もあります。下半身を中に脂肪のつく女性に多い洋なし型の場合は健康被害が少ないと言われていますが、いわゆるビール腹のようなウエスト周りに脂肪がつく内臓脂肪型のリンゴ型は健康被害がでやすいと言われており要注意です。

どういう危険があるのか
心臓に負担→高血圧、心筋梗塞の危険
肝臓に負担→脂肪肝から肝硬変、さらには肝臓がんの危険
ホルモン異常をきたしやすい→女性の場合は月経異常、卵巣ガン、子宮ガンの危険
足腰に負担→腰痛、膝痛、骨粗鬆症がおきれば骨折や寝たきりの危険
血液中の脂肪の増加→高脂血症、動脈硬化、さらには脳卒中、心筋梗塞の危険
インシュリン異常をきたしやすい→糖尿病の危険
このほかにも高血圧から腎不全、糖尿病から失明など二次的な病が引き起こされる場合もあります。

太って得はない
肥満は百害あって一利なしです。痩せ過ぎも太り過ぎもいいことはあまりありません。
適正体重を保つことが健康につながり毎日を楽しく過ごすことにつながるのだと思います。アンチエイジングなんて興味ない、いつまあでも若々しくキレイじゃなくてもいいという方も病気になりたいとは思わないはず。糖尿病や高血圧になってしまえば食事も制限されて好きな物を食べることもできなくなってしまうのです。夫婦で、またはお友達とのんびり温泉旅行なんて優雅な企画も美味しい食事を堪能し、名所を見て回ったり、ゆっくりと温泉に浸かっていられる健康な体があってこそ心底楽しめるというもの。
自分の人生を充実させるためにも体重の管理をしっかり行うことが重要だと思います。

ウエイトコントロールをしよう
ダイエットという言葉に抵抗を感じる方もいらっしゃると思います。ダイエットというととにかく痩せる、ひたすら痩せるというイメージがあるので。
でも体重を管理する、ウエイトコントロールと考えるとどうでしょう?
自分がもっとも健康と感じる体重を維持する。そのために運動や食事の見直しをする。言葉はちがってもやることは一緒です。
私(管理人)は大好きなジーンズを何歳になってもキレイに履いていたいという野望があるのでやや少な目の体重維持を目標としていますが、BMIが標準であれば健康維持につながります。適正と感じる体重はそれぞれに違うはずだし違って当然。自分が一番心地よくいられる体重を維持する努力をしていきましょう。

SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO