topページへ


  はじめに

おばさん体型克復術

ダイエットのお勉強
       
 中高年のダイエットを考えよう
 自分の身体を知ろう
 カロリーについて知ろう
 運動について知ろう
 女性の中年太りについて知ろう
 中年太りの危険について知ろう
 食事について知ろう

 代替え食ダイエットについて考える


ダイエットいろいろ


酒とダイエットの両立

ダイエットレポート
 

リンク

ダイエット商品情報 (ブログ)

 

運動について知ろう
 


有酸素運動
酸素をとりいれながら糖や脂肪を燃やしてエネルギーを発生させ長時間できる運動をいいます。ウォーキング、ジョギング、水泳、サイクリングなどが代表的な有酸素運動です。
有酸素運動がダイエットに向いているのは酸素を取り入れ脂肪を燃焼させるから。そして呼吸を十分にすることで心肺機能が高まり循環機能も向上♪
脂肪燃焼には20分以上続けるのが効果的です。かるく息が弾む程度でよいので無理のない程度からはじめて慣れてきたら時間を長くしたり運動負荷を少し上げていくとよいようです。効果をだそうと負荷を上げすぎると逆効果です。


無酸素運動
肝臓などにあるグリコーゲンをエネルギーとして消費する運動のことをいいます。無酸素といっても運動中に呼吸をしないという意味ではありません。筋肉トレーニングが代表的な運動です。
無酸素運動では脂肪は消費されませんが、筋肉量をふやすことで基礎代謝が上がり消費カロリーが増えるのでダイエットには効果的です
。ダンベルダイエットや腹筋、腕立てふせなどの筋トレも基礎代謝が低下する30代以降は必須の運動だと思います。


ストレッチ
身体の筋や腱をのばし関節の動く範囲をひろげる運動のことをいいます。柔軟体操やヨガなどがこれにあたります。
筋肉のこりをほぐす、全身の血行がよくなる、老化予防などの効果があります。リラクゼーション効果もありイライラやストレスによる暴飲暴食の予防も期待できます。


どの運動をすればいいか
有酸素運動、無酸素運動、ストレッチ、それぞれの運動の効果が異なるので組み合わせておこなうのが一番。リバウンドを防ぐためにも自分にあった運動方法で毎日無理なく続けられるペースをつかむことが大切です。
少し離れたスーパーまで歩く(有酸素運動)、レンジでチンしてる間にスクワット(無酸素運動)、お風呂上がりに軽く柔軟体操(ストレッチ)ってカンジで毎日の習慣にしてしまいましょう。


長続きさせるには
無理をしない!これに尽きます。ノルマを課すことも必要ですがそれにとらわれすぎずその日の自分の体調を考えて柔軟に運動量を調整しましょう。出来ない日が続いてもやめてしまわない。出来なかった分まで翌日にやろうとしない。効果がでなくてもあせらない。最初はダイエットのためにっ無理してやっててもそのうち運動すること自体が楽しくなってくるはず♪
地域にストレッチ、ヨガ、ウォーキングなどを行っているサークルがあればスポーツジムより気軽にそして格安に指導を受けられます。仲間がいるのも長続きのコツ。ぜひ利用しましょう。


準備をきちんとしよう
怪我をしたりどこかを傷めたりすると続けることが難しくなります。準備運動はきちんと行いましょう。有酸素運動は負荷が少ないと書きましたが今まで運動を行ってなかった場合、最初はかなりの負担になります。ウォーキングは手軽にできますが、靴や歩き方で膝などを傷める場合があります。どの運動を行う際も指導をうけるか、きちんとしたやり方を本やビデオやネットなどで確認するのをおすすめします。 どこか痛いところがある人、治療中の疾患がある人は主治医に相談してからにしましょう。

SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO