topページへ

はじめに


おばさん体型克復術

ダイエットのお勉強
       
 中高年のダイエットを考えよう
 自分の身体を知ろう
 カロリーについて知ろう
 運動について知ろう
 女性の中年太りについて知ろう
 中年太りの危険について知ろう
 食事について知ろう

 代替え食ダイエットについて考える


ダイエットいろいろ


酒とダイエットの両立

ダイエットレポート
 

リンク

ダイエット商品情報 (ブログ)
 


 

中高年のダイエットについて考えよう

  なぜダイエットするのか?
いくつになっても若くきれいでいたいから!これは基本ですよね。
10〜20代は美のためだけだったけど私は最近はこれにもう一つ健康のためというのが加わりました。生活習慣病を気にしないといけない年齢になってきたということ。
中性脂肪、高コレステロール、高脂血症、糖尿病、動脈硬化・・・・・・肥満が万病の元となるのだからやはり適正体重を保つ努力を怠ってはいけません。
健康でいてこそキレイでもいられるしおいしい物を食べたり旅行に行ったり楽しいことができる!中年太りを仕方がないことと受け入れずダイエットで撃退しましょう!

どうダイエットするのか?
10〜20代は食べないダイエットも可能です。(オススメしませんが・・・)
摂取カロリーを一時的にちょっとむちゃして減らして体重を落とした経験のある人も多いはず。 でも今の年齢でそれをやると身体の方が悲鳴をあげてしまいます。むちゃなダイエットはやめましょう。
ではどうやって体重をおとせばいいのでしょう?
中年太りは基礎代謝の低下によって消費カロリーが減少しそれに気付かず知らず知らずのうちに摂取カロリー過剰となり体重が増えることが多いので、食事内容をみなおし今の自分に見合ったカロリーの食事をするようにしましょう。(適正カロリーは「カロリーについて知ろう」にのせています)
あとは運動です。下がってしまった基礎代謝をせめて維持する、できれば上げる、これには運動しかありません。 過激な運動をする必要はありません。ラジオ体操だけでもやればそれだけ効果はあります。肉体の老化を遅らせるためにもリバウンドを防ぐためにも運動は必須と考えましょう。(「運動について知ろう」にくわしくのせています)

自分の体調にあわせて実行しよう
毎日休みなく働いてる身体は年齢とともに不具合も生じてきます。
何日までに何キロ落とす、毎日これだけはやる、といった目標を立てることはいいことですがそれにこだわって無理をしないようにしましょう。
体調の悪いときは休む。痛いところがでたらやめる。これが大切です。
できる日とできない日があってもよし。できない運動はやらなくてもよし。でもダイエットそのものはやめてしまわないことです。
ダンベルはいきなり重いものではなくまずは軽いものを選ぶ、ウォーキングは関節を痛めないように靴を選び歩き方も本やビデオで学ぶなど身体を第一に考えて実行しましょう。
一度傷めてしまうと回復に時間がかかります。その間に運動不足になり体重を増やしてしまいかねません。身体と相談しながら行いましょう。


SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO